【動画編集のコツ】準備するもの編

ドローンリンク関西です。
今回は【動画編集のコツ】ということで、準備から始めよう!
ということで、誰でもわかる動画編集をするにあたって必要なものをまとめてみました。

まず必要なもの

「動画編集」なので、当たり前ですが

・撮影するもの
・編集するもの
・撮影前に必要なもの

に分類されると思います。

撮影するもの

はい、当たり前なのですが動画を作るのですからカメラが必要です。

今は携帯などでも気軽に撮影できるようになりましたが、それでも何で撮影するのかはとても重要です。


例えば、まず一つはビデオカメラ。
ズームがかなりできたり、手振れ補正がついていたり高性能のものが多いですが、一般的に販売されている家庭用ビデオカメラでも十分撮影ができます。

他には、アクションカメラの「GoPro」や、スタビライザー付きジンバルカメラの「OSMO」など特徴を持った高性能のカメラも増えてきています。
何を撮影するかもそうですが、どういうものを撮りたいかでも変わってくるかもしれませんね。

最近は、一眼レフで撮影した動画を編集する人もYoutubeで見かけるようになりました。

あと、当然ですがカメラに必要なバッテリーや、SDカードなどのメモリも用意してくださいね。

編集するもの

次に、撮影したものを編集するために必要なものがあります。

そうです、パソコンですね。
上記の写真はフリー素材で、ノートパソコンを選んでみましたがどんな動画を作るのかによってパソコンはしっかりと選びましょう。
(私の場合は4Kの動画を編集することが多いので、パソコンのスペックが追い付かないと編集がカクカクしたり、最悪の場合動かなくなっちゃうのでパソコン選びは注意してます)

次に必要なのは編集ソフトです。
パソコンのOSによっていろいろありますが、無料でも使えるものはありますので準備をしましょう。
Windowsならばムービーメーカー、MacならばiMovieがあります。
プロも使うような有料ソフトならばAdobeのPremire proやAppleのFinal cut pro等があります。
後者はハイレベルな動画ができる反面使い方も複雑になってきますので、導入としては前者のフリーソフトから始めてみてもいいと思います。

撮影前に必要なもの

後に記事にしていきますが、撮影するにあたり「ストーリー」が必要です。

・何を撮るのか?
・どんな目的で撮るのか?
・誰が見るのか?どんな環境で見るのか?
・どういうときに見るのか?
・何をしてほしいのか?

です。
そういったものを整理するために、何か紙に書き出したり、
どういう構成で動画にするのかを書き出したり、どういう画が欲しいのかなどまとめてから撮影に入るとスムーズにいきやすいです。

いかがでしょうか

何をどんな風に、どんな目的で、何を狙って撮影するのかがポイントということでした。
これから導入しようと思っている企業様もいらっしゃると思いますが、今後も少しづつではありますが記事にしていきますのでチェックしてくださいね。

最後まで読んで頂き有難う御座いました。

関連記事

  1. 【動画編集のコツ】撮影編①

  2. 【動画編集のコツ】撮影編②

  3. 【動画編集のコツ】プラン編(前編)

  4. 【動画編集のコツ】スケジュール編

  5. 【動画編集のコツ・動画集客のコツ】基礎編(まず初めに)

  6. 【動画編集のコツ】プラン編(後編)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


【見積無料】お気軽にどうぞ

【営業所所在地】

〒550-0014 大阪市西区北堀江1丁目18番17号 モトバヤシビル
TEL:06-4862-7476

【FACEBOOKページ】